法律 法令 違い

ビル

少しだけ理解できた法律と法令の違い

 法律と法令の違いは何かと問われても、とても難しくて返答に窮しますね。
日常を法の世界とは別の場所で生活している人でその違いを明確に理解できている人はあまりいないのではないかと思います。
もちろん私もその一人ですが、頑張ってその違いについていくらか理解を得ることができました。
 法律は、行政や国会議員から提出される法案が国会で審議され、制定されたルールです。
 一方、法令は、その下にある政令(内閣が制定する命令)や省令(各省の大臣が発する命令)をも含みます。
その他に、地方公共団体が国とは別に定める法や、国際法に則って結ばれた条約や、条文(法や条約などを箇条書きにしたもの)も含まれます。
こうしてみると、「法律と命令を合わせたルール」と覚えておいても誤りではなさそうです。
ただ、「法令とは何か」という明確な定義はないそうで、「国民(住民)の権利・義務に関する定め」として理解され、そのような意味で用いられることが多いそうです。
そう聞くと、もっとよく理解しようという気になりますね。
 

ICカード作成の老舗メーカー
カード印刷のことならカードマーケットがサポートします!

信頼できる技術者様を募っています

今の季節にピッタリなインナーを多数販売中!

法律 法令 違いに関するページ一覧

法律と法令との間の違い

法律という言葉と法令という言葉にははっきりとした違いがあります。
ですがその違いは状況によって

法律の面白さとはどんな所か

法律は難解で文献もたくさんあるわけですが、だからこそある程度でも理解出来ると好奇心が満たされ、面白い

法律を学ぶ事によって新しい事を発見できる

法律を学ぶというのは面白い面もあります。
法というのは、多くの事が決められていますので、すべて

法律の興味深い話について

法律の面白い興味深い話として歴史上の偉大な人物も、法学をものにしていたという事を知れば、学ぶとその偉